上まぶたが垂れ下がる
「眼瞼下垂」を治療するために

眼瞼下垂とは、上まぶたが垂れ下がることで視界を遮り、目を開きづらくなる、物が見えづらくなるといった状態のこと。まぶたを持ち上げる眼瞼挙筋の形成不全で起こる先天性のものから、加齢などによって眼瞼挙筋の筋力が低下することで起こる後天性のものもあります。

老けて見える・眠たそうに見えるなどの印象を与える眼瞼下垂ですが、症状がひどくなると、視界に影響を与えます。物を見るときにあごを上げるようになり、まぶたを開くのに額の筋肉を使うようになるため、額や眉間にしわが寄ったりなど、目元以外にも症状が現れます。

他にも頭痛や肩こり、吐き気やめまいなど様々な不調が起こるので、眼瞼下垂の症状に心当たりがある場合、早期に治療することをお勧めします。

より理想的な仕上がりの眼瞼下垂治療を受けるためのポイント

美容外科や形成外科、眼科など、眼瞼下垂の治療を行う病院・クリニックは多数あります。
では、優秀なクリニック、質の高い治療をどのように見分ければ良いのでしょうか。

もし眼瞼下垂の治療によって、より目元を理想に近づけたいならば、
「美容外科」「保険診療の有無」「切らない治療の有無」という3つの軸に注目すると良いでしょう。

  • POINT1

    美容外科

    形成外科・眼科では眼瞼下垂は病気という位置づけのため、何よりもまず眼瞼機能の回復が目的となります。一方で美容外科の眼瞼下垂治療は、ただ症状を回復させるだけでなく、目元を美しく見せる総合的な提案が可能です。

  • POINT2

    保険診療
    あり

    一般的に形成外科は保険が適用され、美容外科では自由診療ですが、美容外科の中にも保険適用のメニューがあるクリニックも。こういったクリニックは、患者の要望によって細やかな治療ができる、確かな腕があります。

  • POINT3

    切らない
    治療あり

    まぶたの表側の皮膚を切らずに、まぶたの裏側からアプローチする“切らない眼瞼下垂手術”なら、外見的には傷が分からず手術も気づかれにくくなります。

もちろん1人ひとりの悩みや望む治療内容で、選び方も変わってきます。まずそのクリニックがどのような方針で眼瞼下垂の治療を行っているのか、所属している医師はどのような人かなどを確認するようにしましょう。

完全版眼瞼下垂の名医がいると評判の病院・クリニック

病院名 優秀なクリニックとしてのポイント 医師について 病院について

恵聖会クリニック

所在地大阪

公式ページ

  • 美容外科
  • 保険診療
    あり
  • 切らない
    治療あり

近畿大学医学部で講師を、関連病院で形成外科部長を務めた医学博士

形成外科専門医でありながら、美容外科の技術を取り入れ、理想の目元を追求してくれる

リピーターや紹介患者が来院し続ける信頼と実績

眼瞼下垂も含めて、目元の治療には様々なバリエーションがあり、1万件以上の症例数を誇る

徹底したアフターケアが信条のクリニック

うえむらクリニック
形成外科

所在地大阪

公式ページ

  • 美容外科
  • 保険診療
    あり
  • 切らない
    治療あり

昭和59年に医学博士・日本形成外科学会専門医として医籍登録して以来の実績

形成外科外来手術全般から美容外科手術までほとんどの施術に対応できる技術力

女性の院長なので、話しにくいことも相談しやすい

さまざまな施術の中でも眼瞼下垂手術は扱いが多く、安心して受けられる

カネモリ眼科

所在地神戸

公式ページ

  • 美容外科
  • 保険診療
    あり
  • 切らない
    治療あり

眼瞼の手術を専門とした、眼科専門医、形成外科専門医

眼瞼に関する学会発表・講演を行っている他、眼瞼に関する論文を多数発表し、著書も出版

眼瞼下垂手術とその他の眼瞼手術を合わせて10,000件以上の実績

他院の手術後の再手術例や、合併症のある症例治療も行う

烏丸姉小路
クリニック

所在地京都

公式ページ

  • 美容外科
  • 保険診療
    あり
  • 切らない
    治療あり

国立滋賀医科大学医学部卒業後、約8年間冨士森形成外科医院に常勤医として勤務

2,000例以上の手術実績あり

加齢による外見の変化への治療を得意としたクリニック

医師だけでなくスタッフも全員女性

「2週間以上は腫れさせない」というモットーで治療にあたる

共立美容外科

所在地大阪

公式ページ

  • 美容外科
  • 保険診療
    あり
  • 切らない
    治療あり

日本脳神経外科学会専門医に認定されているなど、繊細な施術を得意としている

「患者さんの立場に立った美容医療を行う」ことを信念としている

大阪以外にも全国21院を展開

手術後の検診も万全な体制を整えている

患者の症状に合わせた挙筋短縮法にて手術

つるきり
形成・皮フ科

所在地東京

公式ページ

  • 美容外科
  • 保険診療
    あり
  • 切らない
    治療あり

多数の論文執筆、学会発表を行っている

埋没法は「鶴切法」として専門医の中でも認められている

重瞼(埋没法・全切開法)や重瞼修正、若返り手術を専門分野としている

開業して30年以上、まぶたにこだわって治療している

イーストワン
皮膚科・形成外科

所在地東京

公式ページ

  • 美容外科
  • 保険診療
    あり
  • 切らない
    治療あり

2008年に日本アンチエイジング外科学会を設立した医師

関東美容医師会や日本美容医師会の理事なども務めている

カウンセリングを最重視し、トラブルを防止

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医と日本形成外科学会認定形成外科専門医が在籍している

クリニック宇津木流

所在地東京

公式ページ

  • 美容外科
  • 保険診療
    あり
  • 切らない
    治療あり

しわ・たるみの治療と予防を専門とする形成外科専門医

眼瞼下垂の手術は表情が変わらないように配慮して行う

眼瞼下垂手術の累計症例数は約400例

初診の診察は1時間かけて行い、治療の説明や手術の内容をじっくりと納得してもらう

ヴェリテクリニック
銀座院

所在地東京

公式ページ

  • 美容外科
  • 保険診療
    あり
  • 切らない
    治療あり

名古屋大学医学部を卒業後、アメリカで形成外科を学ぶ

先天性の眼瞼下垂の手術を多数行ってきた経歴を持つ

挙筋短縮術または筋膜移植術による眼瞼下垂手術を行う

専門の麻酔医が術中から術後までコントロールするので、痛みを軽減できる

慶友形成
クリニック

所在地東京・神戸

公式ページ

  • 美容外科
  • 保険診療
    あり
  • 切らない
    治療あり

慶應義塾大学病院形成外科教室で美容外科の講師(指導医)として指導

フェイスリフト、眼瞼下垂などのアンチエイジング・二重まぶたの治療症例が豊富

国内では美容クリニックの中で唯一、NASAの清浄度に合わせた規格を取得

腫れを最小限に抑え、術後のトリートメントやアフターケアにも力を入れている

愛知医科大学病院
形成外科

所在地名古屋

公式ページ

  • 美容外科
  • 保険診療
    あり
  • 切らない
    治療あり

眼形成外科や甲状腺眼症、眼窩疾患などの、目の形成外科分野を専門とする教授

眼瞼下垂に関する医師育成のための執筆も行っている

最新機器と19室の手術室、75床のICU系病室を備えた日本有数の病院

年間で600件を超える眼瞼下垂の治療実績あり

蘇春堂
形成外科

所在地札幌

公式ページなし

  • 美容外科
  • 保険診療
    あり
  • 切らない
    治療あり

眼瞼下睡とがんによって失われた乳房の再建術のエキスパート

道内一の症例数を誇る

北海道エリアにありながら、全国各地から患者が集まるクリニック

眼瞼下垂と乳房再建は国内トップレベル

信州大学
医学部附属病院

所在地長野

公式ページ

  • 美容外科
  • 保険診療
    あり
  • 切らない
    治療あり

挙筋前転法は松尾教授が広めたことから「松尾式治療法」とも呼ばれている

眼瞼下垂症・眼瞼痙攣・開瞼失行を25年研究し、10,000件以上の手術を執刀した名医

急性期疾患や難治性疾患に対して高度な医療を行うことができ、地域から絶大な信頼を得ている病院

他院の手術修正といった美容外科手術も可能

エリア別

眼瞼下垂の名医をチェック!

眼瞼下垂の名医は全国に存在します。でも実際に通うとなると、遠くのエリアまではなかなか足を運べないものです。そこで「東京エリア」「大阪・神戸・京都エリア」「その他のエリア」別に、眼瞼下垂の名医がいるクリニックを紹介します。

また各エリアの中でも最も評判の良い名医を選びました。それぞれの名医について詳しく調べているので、眼瞼下垂の名医を探している方はぜひ参考にしてください。

どれがおすすめ?眼瞼下垂の手術法

眼瞼下垂の治療方法は1つではありません。患者の症状の進行度や希望によってさまざまな手術方法から最適なものを選び、症状の改善を目指します。眼瞼下垂の手術法にはどんなものがあるのか、簡単にご紹介します。

  • 目を開けるための筋肉「眼瞼挙筋」を切って短縮し、まぶたを開きやすくする方法です。古くから行われている眼瞼挙筋の手術です。

    また類似の治療法としては、現在主流となっている「挙筋前転法」が挙げられます。伸びたり緩んでしまったりした「挙筋腱膜(眼瞼挙筋と瞼板が付着している部分)」を、再び瞼板に再固定する方法です。

  • まぶたの裏側の結膜を切開して、粘膜の裏にある外れかかった腱膜及びミュラー筋を、瞼板に再度固定しなおす方法です。裏側で行うため傷跡が目立ちません。

  • 加齢などで緩んでしまった挙筋を糸で結び、まぶたを引き上げて治療します。傷跡は残らず、腫れや内出血もほとんどありません。手術に抵抗がある方でも他の手術法に比べると受けやすいと言えます。

  • 筋肉を包み込んでいる硬い膜「筋膜」を、まぶたに移植する手術方法です。切開する箇所は少ないものの、細かい手術なので、時間は他の施術方法よりもかかりますし医師の技術力も必要です。

  • 眉下切開法や眉下リフト、上眼瞼リフトとも呼ばれる方法で、眉下のラインに沿って切開をしてまぶたのたるみを解消します。傷跡も目立ちにくく、自然な仕上がりで効果があります。

  • 上まぶたの皮膚を切除して目の開きを良くする方法です。上まぶたのたるみを二重ラインの希望に合わせて取り除くことで、アンチエイジング効果も兼ね、目元をすっきりさせます。傷跡も二重のラインとなり、目立ちません。

  • ROOF切除とも呼ばれる手術法で、まぶたの眼窩隔膜の上にある脂肪組織「隔膜前脂肪」を切除し、まぶたの厚みを減らします。脂肪を取り除くためまぶたがすっきりとするのが特徴です。

  • 皮膚も粘膜も切開せず、二重まぶたの埋没法のように糸を埋め込み、目をぱっちりと開く手術法です。根本的な解決にはならないのですが手軽にできること、またやり直しが効くのがメリットです。

手術前にチェック!眼瞼下垂症治療の知識

眼瞼下垂症を治療するために手術を受けようと思ったら、まずは眼瞼下垂症治療の基礎知識を知っておきましょう。

費用はどれくらいかかるのか、保険は適用されるのか、手術後の痛みや腫れはどれくらいあるのか、手術に失敗リスクはあるのかなど、後で「しまった」とならないためにもよく調べておくことが大切です。また眼瞼下垂治療の名医と出会うためにはどうしたら良いのか。名医を探すポイントも合わせて紹介します。