その他のエリア

愛知や長野といった東京・大阪以外のエリアについて、眼瞼下垂の名医を紹介します。

東京・大阪以外のエリアから探す眼瞼下垂の名医

東京や大阪・神戸・京都エリア以外にも、眼瞼下垂の名医は存在します。愛知や長野など、その他のエリアにいる名医をまとめて紹介。

それぞれのクリニックについて、特徴や医師の資格、保険適用の有無などを調べました。

愛知医科大学病院眼形成・眼窩・涙道外科:柿崎 裕彦先生

愛知医科大学病院眼形成・眼窩・涙道外科HP愛知県長久手市岩作雁又1-1

  • 日本眼科学会指導医
  • 日本眼科学会認定専門医
  • アジア太平洋眼形成再建外科学会理事長
  • 日本眼形成再建外科学会理事長

眼形成外科や甲状腺眼症、眼窩疾患などの、目の形成外科分野を専門とする教授。眼瞼下垂に関する医師育成のための執筆も行っている。

愛知医科大学病院は1974年に開院し、地域に密着した医療と高度な医療を展開してきたクリニック。19室の手術室と75床のICU系病室を備えている。眼科・形成外科のほか眼形成・眼窩・涙道外科もあり、さまざまな症例に対応可能。

美容外科 保険適用 切らない手術
- -

蘇春堂形成外科:野平 久仁彦先生

北海道札幌市中央区南1条西4丁目 大手町ビル2階

  • 所属等不明

北海道大学医学部卒業後、北海道大学医学部附属病院形成外科にて勤務。眼瞼下睡、がんによって失われた乳房の再建術のエキスパート。道内一の症例数を誇る。

世界で初めてマイクロサージャリー(顕微鏡下)手術を美容外科に導入した。日本の美容外科学会におけるリーダー、新冨理事長が率いるクリニック。眼瞼下睡のエキスパートである院長による手術は国内最高峰との声も多い。

美容外科 保険適用 切らない手術
- -

信州大学医学部附属病院:松尾 清先生

信州大学医学部附属病院HP長野県松本市旭3-1-1

  • 日本形成外科学会
  • 米国形成外科学会
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本形成外科学会評議員など

信州大学医学部卒、信州大学助手や講師、助教授を経て名誉教授特任教授に。「松尾式」と呼ばれる手術方法を考案するなど、眼瞼下垂治療の分野の第一人者ともいえる。

2016年1月に松尾形成外科・眼瞼クリニックが開院。特定機能病院の指定を受けた高度な医療技術を提供し、同時に次世代の医療人を育成することも使命になっている。形成外科では全国から訪れる患者に医療を提供している。

美容外科 保険適用 切らない手術
- -
目瞼下垂の手術を得意とする病院一覧