保険適用されるには?

眼瞼下垂の手術は保険適用が可能な場合があります。ただしクリニックによっては自由診療扱いになるので、事前確認が必要です。

眼瞼下垂は基本的に保険が適用される

お花のイラストまぶたの筋肉が緩んでしまうことで目が開けづらくなる眼瞼下垂は、視野を狭め日常生活にも影響を及ぼすことがあるため、基本的には健康保険が適用されます。

できることなら保険適用で手術を受けたいという方が多いと思いますが、まず眼瞼下垂の手術を受けるうえでの絶対条件が“医師に眼瞼下垂だと診断されること”です。

注意したいのはクリニックによって眼瞼下垂であると診断されるだけでなく、眼瞼下垂が原因で日常生活に支障があると判断されることも条件となっています。日常生活に支障がある眼瞼下垂の特徴は、眼が開かないため車の運転が難しかったり、眼が開かないことで首を上げて物を見ようとするため首が凝るなどがあります。

程度の判断は医師に任せられているため、保険適用をしてもらうためには「眼瞼下垂で困っている」ことを医師にしっかり伝えることが大切です。

美しさを重視するならば保険適用外の治療法を

眼瞼下垂手術は基本的には保険適用で受けることができますが、なかには保険適用外となる場合があります。あくまでも健康保険はケガや病気などで困っている人が対象のため、眼を大きくしたい場合や二重ラインをキレイにしたい場合など美容目的の眼瞼下垂手術は自由診療となります。

クリニックによっては切らない眼瞼下垂手術を行っていますが、これらは自由診療となり、保険適用外になることがあります。二重整形のような糸で止める方法では、永久的な効果がないため再度の手術が必要になるなど、デメリットが多いので気を付けましょう。

眼瞼下垂の症状を治すだけで良ければ保険適用内の治療法を選ぶのも良いし、眼瞼下垂の症状を改善して理想的な目元を追求するなら保険適用外で受けるのも良いでしょう。どちらにせよ、クリニックを選ぶ際は選ぶ施術に保険が適用されるのか適用されないのかを確認しておくことが大切です。

目瞼下垂の手術を得意とする病院一覧