術後の腫れや痛みはある?

眼瞼下垂の術後はどれくらいの腫れや痛みがあるのか。ダウンタイムを経験した方の口コミも紹介します。

まぶたの手術「眼瞼下垂」の術後の腫れや痛みはどれくらい?

目元を手術する眼瞼下垂手術は、術後の腫れや痛みといったダウンタイムがとても気になるものです。もしも術後のダウンタイムが長ければ、その分学校や会社も長く休まなければいけなくなります。

眼瞼下垂の手術は一般的には切開を必要とします。まぶたを切るためダウンタイムは長く、1~3ヶ月ほどと言われています

お花のイラスト手術直後に腫れがなくても3~5日後に腫れが出てくることが多く、外見的にも印象が変わるため周りの人に気づかれてしまう可能性が高いです。切開手術を受けたあとは、だいたい1週間後に抜糸を行いますが、それまでの間はメイクもできません。

腫れが完全に引いて自然な目元に戻るには、早い人でも1ヶ月はかかると言われています。「腫れが少ない施術」といってもダウンタイムはあるので、術後のこともよく考えた上で治療法を選びましょう。

また痛みについては、手術中は麻酔を使うため痛みを感じることはほとんどありません。術後の痛みは個人差がありますが、クリニックから痛み止めのお薬を貰うので、それを飲めば我慢できるという方が多いようです。

切らない眼瞼下垂治療ならダウンタイムが少ない

眼瞼下垂の治療は一般的に切開を行いますが、治療のなかには切開を必要としない“切らない眼瞼下垂治療”があります。

まぶたを切らずまぶたの裏側から糸を通して眼瞼下垂治療をする“切らない眼瞼下垂治療”は、切開をしないため腫れがあっても切開式にくらべると腫れが少なく、傷跡も残りません。施術翌日からお化粧もできるので、会社や仕事を長く休めないという方にはおすすめです。

実際にダウンタイムがあった人の口コミは?

  • 手術を受けた後2~3週間腫れと内出血がありましたが、以前よりも眼が開くようになり、眼の疲れから来ていた片頭痛もなくなりました。勇気を出して手術を受けて良かったと思っています。
  • 施術前の麻酔は最小限にしてもらい、腫れを押さえてもらいました。手術中は多少の痛みはありましたが、それでも術後の腫れが少なかったので麻酔を少なくして良かったと思います。だいたい2週間ほどで腫れや赤みが収まり、若々しい印象になりました。
  • 術後すぐに腫れることはなかったのですが、翌日から痛みや腫れが増してきました。1週間過ぎると痛みも和らぎ腫れも治ってきたので、周りに気づかれることはなかったです。
  • 術後数日間は内出血があり、保冷剤で冷やして過ごしました。でもメイクをすればほとんど気にならなかったので良かったです。徐々に目の幅が大きくなり、手術を受けて良かったと思っています。
目瞼下垂の手術を得意とする病院一覧