眼瞼下垂の治療ガイド » 【完全版】眼瞼下垂の手術を得意とする病院一覧 » 愛知医科大学病院眼形成・眼窩・涙道外科

愛知医科大学病院眼形成・眼窩・涙道外科

愛知医科大学病院眼形成・眼窩・涙道外科の眼瞼下垂の治療方法や費用、口コミを紹介します。

愛知医科大学病院眼形成・眼窩・涙道外科の眼瞼下垂治療

愛知医科大学病院眼形成・眼窩・涙道外科HP
画像参照元:
愛知医科大学病院眼形成・眼窩・涙道外科
(http://www.aichi-med-u.ac.jp/
hospital/sh04/sh0402/sh040217/index.html)

【眼瞼下垂の治療の方法】

  • 筋膜移植
  • 挙筋前転法

【費用】

  • 筋膜移植:55,590円(片目の料金)
  • 挙筋前転法:21,600円(片目の料金)

【保険適用の有無】

【医師の実績】

愛知医科大学病院形成外科で、眼形成外科や甲状腺眼症、眼窩疾患などの、目の形成外科分野を専門とする教授。眼瞼下垂にかんする医師育成のための書籍の執筆も行っている。

【特徴】

愛知医科大学病院の中でも、まぶたや眉毛、まつ毛、結膜、眼筋など、眼球と神経以外の部分である「眼球付属器」を専門的に診療しているのが眼形成・眼窩・涙道外科です。大学病院で、眼科と独立して眼形成・眼窩・涙道外科が設けられているのは、この愛知医科大学病院だけ。

眼形成外科の中では最も一般的といわれる眼瞼下垂の分野はもちろん、高度な技術が要求される手術まで、提供されています。

世界基準の治療を提供するため、基礎研究や臨床研究を行い、最前線での活動を続けています。

愛知医科大学病院眼形成・眼窩・涙道外科data
住所 愛知県長久手市岩作雁又1-1
診療時間 月9:00~16:00
木9:00~12:00
休診日 火・水・金・土・日

愛知医科大学病院眼形成・眼窩・涙道外科の口コミ評判

  • 眼瞼下垂の治療といったらこちらのクリニックと聞き、紹介をしてもらいました。まぶたの状態を非常に丁寧に説明してくださり、先生のことをとても信頼しています。ただしとても待ち時間が長く、交通の便も良いとは言えないのが困ります。
  • 後天性の眼瞼下垂で手術を受けました。全く目が開かない状態ではないため保険適用ができなかったので、自費で受けることにしました。周りからは美容整形をしたと思われるくらい、大きく見た目が変わりました。
  • 担当の先生がとても明るく、症状や手術方法も具体的に説明してくれたので安心して手術を受けることができました。建物が大きいのでウロウロしてしまいますが、病棟の看護師さんたちも親切や優しく、大きな病院らしくない対応の良さで快適に過ごせました。
目瞼下垂の手術を得意とする病院一覧