眼瞼下垂の治療ガイド » どれがおすすめ?眼瞼下垂の手術法

どれがおすすめ?眼瞼下垂の手術法

眼瞼下垂の手術方法の種類は?各手術法について簡単にまとめました。

病院で行われる眼瞼下垂の手術方法の種類

お花のイラスト現在眼瞼下垂の治療として用いられる手術方法にはたくさんの種類があります。それぞれにメリットやデメリットが存在するので、自分の症状やライフスタイルに最も適した治療法を医師と相談し、納得のいく治療を受けましょう。各手術方法について紹介します。

挙筋短縮法(挙筋前転法)

目を開けるための筋肉である眼瞼挙筋を切って短縮し、まぶたを開きやすくする方法が挙筋短縮法です。重度の眼瞼挙筋の場合にも用いられますが、まぶたを持ち上げる筋肉であるミュラー筋を傷つける恐れがあり、医師の高度な技術が必要となります。

また、挙筋前転法は挙筋短縮法とほぼ同じ方法です。眼瞼挙筋と瞼板が付着している部分である挙筋腱膜を瞼板に再固定する方法です。眼瞼挙筋や挙筋腱膜を切らないため、ミュラー筋を傷つけることもありません。

経結膜的眼瞼下垂手術(切らない眼瞼下垂手術)

まぶたの裏側の結膜を切開して粘膜の裏にある外れかかった腱膜及びミュラー筋を瞼板に固定。裏側で行うため傷跡が目立たたないというメリットがあります。

埋没式挙筋短縮法

加齢などで緩んだ挙筋を糸で結び、まぶたを引き上げて治療します。見た目的に手術したことが分かりにくいというメリットがあります。

筋膜移植

筋肉を包み込んでいる硬い膜「筋膜」を、まぶたに移植する方法です。重度の眼瞼下垂でも改善しやすく、拒絶反応が少ないというメリットがあります。

眉毛下切除

眉下切開法や眉下リフト、上眼瞼リフトとも呼ばれる方法で、眉下のラインに沿って切開をしてまぶたのたるみを解消します。

上瞼たるみとり手術

上まぶたの皮膚を切除して目の開きを良くする方法です。上まぶたのまつ毛側で目の上のたるみを切除して縫うことで、目をぱっちりと開かせることができます。

隔膜前脂肪切除

ROOF切除とも呼ばれる手術法です。まぶたの眼窩隔膜の上にある脂肪組織「隔膜前脂肪(ROOF)」を切除します。脂肪を取り除くことでまぶたの厚みが減り、眼がぱっちりと開きやすくなります。

埋没法

二重まぶたの埋没法のように糸を埋め込んで、目を開く手術法です。皮膚を切開する必要がなく、他の施術方法よりも気軽に受けることができます。万が一のときはやり直しが効くのも魅力です。

目瞼下垂の手術を得意とする病院一覧