埋没式挙筋短縮法

皮膚を切らない眼瞼下垂手術「埋没式挙筋短縮法」について、特徴や口コミを調べました。

眼瞼下垂の手術 ~埋没式挙筋短縮法~

腱膜性眼瞼下垂症に適用される手術方法です。手術の際に皮膚やまぶたの筋肉を切開することがない“切らない眼瞼下垂治療”のため、手術に抵抗がある方でも受けやすいと言われています。

お花のイラスト埋没式挙筋短縮法は加齢などで緩んでしまった挙筋を糸で結び、まぶたを引き上げて眼瞼下垂を治療します。

傷跡は残らず、腫れや内出血もほとんどありません。手術時間も両眼で20分ほどと短く、手術当日から洗顔や入浴、アイメイクやコンタクトもすることができます。

埋没式挙筋短縮法のメリット・デメリット

【メリット】

  • 腫れや内出血がほとんどなく、ダウンタイムが少ない。
  • 糸で結んであるだけなので、万が一気に入らない場合はやり直すこともできる。

【デメリット】

  • 医師の技術力により、仕上がりや効果に差が出る。
  • 重度の眼瞼下垂の場合、適用することができない。
  • 埋没の糸が緩むと再発する
  • 眼瞼の不整によるオキュラーサーフェス(眼表面)に障害が出る恐れがある。

埋没式挙筋短縮法の手術を受けた人の口コミ

  • 右目の眼瞼下垂の症状が重く、二重の幅に左右差があり悩んでいました。手術ではあえて奥二重を選択。術後2週間で症状が改善されて、希望通りの奥二重になれました。目の疲れからきていた肩こりも解消されて嬉しいです。
  • 腫れぼったく暗い目元をどうにかしようと考えていた時に、切らなくて良い手術があると知り受けました。術後すぐに二重になって、つり上がっていた眉毛も下がり額のシワが治りました。感動するほど満足しています。
  • 6年前に一度埋没法で手術を受けたのですが、加齢でまたまぶたがたるんできたため再度受けることにしました。手術は30分ほどで終わり、術後も腫れが少なく、眼があっという間に大きくなりました。
  • 以前は眼瞼下垂のせいで、いつも眉を上げて物を見る癖が付いていました。手術を受けたあとはその癖がなくなり、眉の位置も揃うようになりました。
目瞼下垂の手術を得意とする病院一覧