考えられる原因

眼瞼下垂の原因は何か。それぞれの症状に合わせた治療方法も紹介します。

眼瞼下垂の原因は

眼瞼下垂になってしまう原因は、先天性の場合と後天性の場合で異なります。

先天性の原因による「先天性眼瞼下垂症」、後天性の原因による「腱膜性眼瞼下垂症」「皮膚弛緩性眼瞼下垂症」について、それぞれ詳しく紹介します。

生まれつき眼瞼挙筋が弱い「先天性眼瞼下垂」

原因:生まれつきまぶたを上げる眼瞼挙筋が弱い

お花のイラスト先天性眼瞼下垂症は生まれつきまぶたを上げる眼瞼挙筋が弱かったり機能していなかったりする場合に起こります。はっきりとした原因はまだ分かっていませんが、遺伝により発生する場合もあるようです。

治療方法は眼瞼挙筋の機能がどれくらい残っているかにより変わります。ただ先天性の眼瞼下垂では目を大きく開くようにしてしまうと今度はまぶたが閉じなくなってしまうことも。まぶたが閉じないと角膜を傷つける可能性があるので、治療には注意が必要です。

先天性眼瞼下垂症の治療は、伸びてしまった腱膜を瞼板からはがし、一部を切り取って短くして再び瞼板に縫合する「挙筋短縮術」や、まぶたとおでこの筋肉の間に筋膜を移植して、おでこの筋肉でまぶたを上げる「筋膜(または腱)移植による吊り上げ術」があります。

瞼板と腱膜の繋がりが弱まった「腱膜性眼瞼下垂」

原因:目や目元の酷使で瞼板と腱膜のつながりが弱まったこと

後天性の眼瞼下垂の場合、そのほとんどが腱膜性眼瞼下垂症です。腱膜性眼瞼下垂症は例えば化粧を落としたり花粉症やアトピーなどでまぶたを擦る、テレビゲームやコンタクトレンズを長期間使うなどで瞼板と腱膜のつながりが伸びたり外れたりしてしまう症状です。

まぶたを上げようと前頭筋を収縮させて眉毛も上げるため、おでこにシワが寄ったり眉毛と目の間が離れたりします。治療方法としてはゆるんで外れてしまった腱膜を再び瞼板にとめなおす手術「腱膜手術」等を行います。

加齢が原因になる「皮膚弛緩性眼瞼下垂」

原因:上まぶたの皮膚が垂れ下がったこと

皮膚弛緩性の眼瞼下垂は、上まぶたの皮膚が屋根のひさしのように垂れ下がり、視野が制限されてしまう症状です。視野が制限されることで周りが見えにくくなるうえ、まつ毛が内向きになり角膜や結膜に接触して、ちくちくすることがあります。

歳を重ねることでゆるんだ上まぶたが垂れ下がる老人性の疾病でもありますが、皮膚弛緩性は高齢期ではなく思春期でも起こります。治療はまぶたを縁に沿って切り、たるんだ皮膚を切除します。

目瞼下垂の手術を得意とする病院一覧