よくある疑問

 「親が眼瞼下垂だから子どもにも遺伝するの?」「病院での治療に保険は使える?」など、眼瞼下垂に関する、よくある疑問にまとめてお答えします。

眼瞼下垂のよくある疑問と回答

眼瞼下垂に対するさまざまな不安をここで解消しましょう。

Q.眼瞼下垂は女性に多い?

A.後天的な眼瞼下垂は女性に多いです。

先天性眼瞼下垂になる方は、男女関係なくありますが、まぶたへの刺激が原因となり起こる後天的眼瞼下垂は、女性の方が若干多い傾向があります。

その理由はアイメイクやコンタクトレンズの長期使用が女性に多いからだと言われています。

Q.眼瞼下垂の手術は保険が使える?

A.使えるものと使えないものがあります。

検査をして眼瞼下垂だと分かった場合、保険適用での手術が可能です。3割負担では両目で5~6万円程度になります。

ただし日常生活に支障をきたすような病的な眼瞼下垂のレベルだと判断される必要があり、保険適用になるかどうかは医師によって判断が異なります。

Q.手術後の腫れはどれくらい続きますか?

A.施術により差はありますが、1ヵ月ほどかかります。

手術を受けた場合、通常は術後翌日が腫れのピークになります。

4~5日後に行う抜糸の時には大体の腫れは収まり、1ヶ月後には完全に腫れは引きます。

Q.眼瞼下垂にならないためにはどうしたら良い?

A.目の酷使をしないようにしましょう。

後天的な眼瞼下垂はまぶたへの刺激によって起こります

そのため、長時間のデスクワークによる目の酷使やコンタクトレンズの着用、目を強くこする行為などに気を付けるだけでも要因は減ります。

Q.眼瞼下垂と一重はどう違うの?

A.眼瞼下垂は瞼の筋が弱まって起こる症状です。

まぶたが重く見えるため同じように見えますが、一重まぶたと眼瞼下垂は同じではありません。

ただし一重で目が見づらいと感じている方が診察をすると眼瞼下垂だと診断されて、保険適用による手術を受けられることも。

まずはセルフチェックなどで自分が一重なのか眼瞼下垂なのかを判断してみては。

Q.眼瞼下垂は遺伝する?

A.先天性の眼瞼下垂は遺伝すると言われています。

先天性の眼瞼下垂は、家族に眼瞼下垂の症状を持つ場合、発症する確率が高いと言われています。

その中でも眼瞼縮小症候群による眼瞼下垂は遺伝すると言われています。

目瞼下垂の手術を得意とする病院一覧