眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは何か。眼瞼下垂はどのような状態なのか、誰がなりやすいのかなど、基礎知識をまるごとチェック。

そもそも眼瞼下垂とは?

お花のイラスト眼瞼下垂はまぶたが上がりにくく、眼が十分に開きにくい状態になる病気です。先天性のものもありますが、後天性の場合が多く、特に女性が症状を訴えることが多いようです。片眼だけにあらわれることもありますし、両眼にあらわれる場合もあります。

新生児から高齢者まで発症することがあるため、原因や症状は幅広く、治療方法にも様々な方法が用いられているのです。

眼瞼下垂の症状の現れ方

先天性の眼瞼下垂は、眼瞼挙筋の形成不全やそれを動かす神経の発達異常など、筋肉が動かないことが主な原因となって起こります。

一方、後天性の眼瞼下垂は、主に加齢によって皮膚のたるみが起こる「皮膚弛緩性」と、目を酷使することで起きる「腱膜性」の2つが挙げられます。

「腱膜性」の原因は多く考えられ、たとえば花粉症などのアレルギーの痒みがあって強くまぶたを擦り続けることや、コンタクトの着用、過剰なメイクも原因となるのです。刺激によって、瞼板と腱膜とのつながりが外れたり、ゆるんだり、弱まったりして起こります。

眼瞼下垂が女性に多いと言われるのは、目元に刺激を与える頻度が男性と比べて高いからだと考えられます。

ある程度の下垂があると、眼が開きにくいため物を見る際にあごを上げるようになります。まぶたを少しでも上げようとすることで、眉毛が上がったり額にしわが寄ったりもします。眼瞼下垂とともに物が二重に見える複視を発症することもあるようです。

先天性は大半が片眼にだけ症状があらわれますが、後天性は両眼にあらわれる場合も多くあります。

眼瞼下垂の診断方法

眼瞼下垂の診断はまず先天性のものであるか後天性のものであるかを判断します。後天性の場合は、その原因が他の疾患にからんで起こっているものではないかを判断する必要があります。

まぶたの開きは表情によっても違って見えるため、「何となく眼瞼下垂ぎみである」「眼瞼下垂とまでは言えない」など、医師によって判断が異なる場合もあります。

軽度の眼瞼下垂はあまり自覚症状がないため、眼瞼下垂なのかどうかの判断も難しくなります。

眼瞼下垂の治療方法

眼瞼下垂の治療は症状の程度によって変わります。重症の下垂の場合、視力の発達が阻害されることがあるため、早期に手術を受けることもあります。

眼科手術や脳梗塞の後に眼瞼下垂が起きた場合、自然回復することもあるため数か月様子見をすることも。重症筋無力症では薬物による治療が主体となります。

原因や症状の重さで治療方法も異なるため、早めに専門医に診てもらうことが大切です。

目瞼下垂の手術を得意とする病院一覧